blog index

お風呂ネット イベントブログ

「お風呂ネットふくい」のイベントをご案内します!
<< 「安心安全な住まいと健康を考える集い」を開催します! | main | 「不慮の溺死・溺水」福井県がワーストワン >>
安心安全な住まいと健康を考えるつどい 終了しました。
0
    安心安全な住まいと健康を考えるつどい
    ―“健康長寿なふくい”をめざしてー

    講演 「介護予防から見た福井の高齢者の住まいを検証する」
      講師 福井県立大学看護福祉学部社会福祉学科教授 北條 蓮英氏
       ・福井の住宅“神話”の検証を・・・住宅の広さは健康長寿の要因なのか?
       ・福居から福井へ・・・
       ・住宅のリスク 住宅内の事故 不都合はどこに?
       ・高齢化の進行と地域生活の課題

    シンポジウム  
    「ケアマネジャーと福祉住環境コーディ―ターのかかわり方」

    シンポジスト 
     芳村幸司氏 福祉住環境コーディ―ター協会理事 大阪府在住 
     丹尾由紀子氏 訪問看護ステーションさばえ管理者
     谷口公啓氏 NPO法人ふくふくネット理事長 
    コーディネ―ター 北條蓮英氏(前述)
     
     福井ではケアマネジャーと福祉住環境コーディ―ターの関わりが少ないのが現状です。ケアマネジャーにとって住宅改修は難しく、また困ることも多くあるようですので福祉住環境コーディ―ターが、そこをバックアップできれば一番いいんだろうと思えました。しかし、それは言うほど簡単ではなく、連携を持つためにはどんな条件が必要であるのかなどが今後の検討課題であると感じました。


    「健康長寿なお風呂をめざそう!!」
    「お風呂の温熱環境とストレス」 福井大学工学部助教授 吉田伸治氏 
     ・入浴による温熱環境(ストレス)を人間と周辺環境と熱伝授についてのお話
     ・入浴のプラスの効果は多いがマイナス面も配慮しましょう。 (高齢化社会の進展がマイナス面を増大させています。)
     ・福井県でも内陸(奥越、南越)では浴室温度が特に低いんです!!
     ・最期は「布団の中で・・・」を願うなら初期投資をケチらないことです。

    「お風呂での疾病発生と改善策」 北海道大学工学部助教授 羽山広文氏
     
     ・入浴死の危険性は全国的な問題です。
     ・住宅の断熱性能の向上により、浴室温度の確保は容易です。
     ・簡易な方法として脱衣室の暖房、給湯方法の工夫などがあります。
     ・これからの消費者とメーカーのあり方考え方も大事です。
     ・できることからはじめよう!!健康と安全には値段はつけられません。

    みんなで考えよう!!ストレスのない癒されるお風呂をめざして・・ 
     ・グループで話し合いをしました
     ・あなたのストレス度はどれくらい?
     ・ストレスと健康長寿は関連があるんです。
     ・あなたのストレスに影響するのはどんなこと?
     ・本日参加の方のお風呂の入り方は?
     ・あなたが癒されるお風呂ってどんなお風呂?
      
    当日は約30名の参加がありました。

     家の新築、改修は費用がかかるもの・・簡単にはできることではありませんが、入浴環境の改善が脳卒中などの医療費の削減になる(脳卒中などの医療費は莫大です)・・・・こんなことがが明確にできれば、ユーザー側も行政も関係者もみんなの意識も変わるのではないかと思えました。

     急激に進む高齢者社会・・そんな中でお風呂の問題はやっぱりみんなで考えていかなくてはならないと実感しました。


    話し合いの様子です。
    3月24日イベント
    | ofuronet | - | 10:30 | comments(0) | trackbacks(1) | - |
    コメント
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    http://event.ofuro-net.jp/trackback/512902
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    | - | 2007/04/12 6:08 AM |
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    bolg index このページの先頭へ