blog index

お風呂ネット イベントブログ

「お風呂ネットふくい」のイベントをご案内します!
注意喚起の新聞掲載
0
     1月25日(金)の福井新聞に冬のお風呂の問題をとりあげてもらえました拍手。その中でのデータもやはり福井県はお風呂の問題が大きいことがわかります。でも不慮の溺死・溺水はほんの氷山の一角 ほんとうの実態はどうなのでしょうか?他の病気でこれだけ大きな地域差があるものはないのも特徴です。

     冬のお風呂は寒いのはあたりまえ、熱い浴槽につかって体を暖めるのが普通、という感覚はまだまだ残っていると思います。
     
     ちょっとした意識、行動変容で予防が出来るこのお風呂の問題、いろんな場を通じて発信していきたいものです。温泉
    | ofuronet | - | 00:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    「不慮の溺死・溺水」福井県がワーストワン
    0
      平成17年人口動態統計(厚生労働省)によると、「不慮の溺死・溺水」の人口10万対の死亡率が、福井県は10.6%で全国ワースト一位になっていました。
      #これまでも上位ではありましたが、とうとう一位に(-_-;)

      県別の細かな分析まではありませんでしたが、ちなみに、2位は富山県(9.9)、3位は新潟県(8.9)、一番良い(低い)のは沖縄県(1.9)で、全国平均は4.9%とのことでした。

      お風呂に関連することはどうなのかと統計資料を見てみたのですが、家庭内の浴槽での死亡者の数なのかどうかは分かりません。しかし、全国的に冬には高齢者の自宅浴槽での溺死・溺水が圧倒的に多いこと、また、雪が多かった17年はここ5年間で最も数字が高いことが見てとれます。

      資料によると、福井県の実数は88人、前年より十数人多いだけでこれだけでは何ともいえませんが、健康・長寿日本一を目指し、数字にこだわる福井県がワーストワンというのはいかがなものでしょう。やはり福井県では、この問題を真剣に考えていかなくてはならないように思いました。

      ※平成18年 人口動態統計月報年計(概数)の概況が、厚生労働省のサイトにアップされていました。
      http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai06/index.html



      | ofuronet | 日々雑感 | 13:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      安心安全な住まいと健康を考えるつどい 終了しました。
      0
        安心安全な住まいと健康を考えるつどい
        ―“健康長寿なふくい”をめざしてー

        講演 「介護予防から見た福井の高齢者の住まいを検証する」
          講師 福井県立大学看護福祉学部社会福祉学科教授 北條 蓮英氏
           ・福井の住宅“神話”の検証を・・・住宅の広さは健康長寿の要因なのか?
           ・福居から福井へ・・・
           ・住宅のリスク 住宅内の事故 不都合はどこに?
           ・高齢化の進行と地域生活の課題

        シンポジウム  
        「ケアマネジャーと福祉住環境コーディ―ターのかかわり方」

        シンポジスト 
         芳村幸司氏 福祉住環境コーディ―ター協会理事 大阪府在住 
         丹尾由紀子氏 訪問看護ステーションさばえ管理者
         谷口公啓氏 NPO法人ふくふくネット理事長 
        コーディネ―ター 北條蓮英氏(前述)
         
         福井ではケアマネジャーと福祉住環境コーディ―ターの関わりが少ないのが現状です。ケアマネジャーにとって住宅改修は難しく、また困ることも多くあるようですので福祉住環境コーディ―ターが、そこをバックアップできれば一番いいんだろうと思えました。しかし、それは言うほど簡単ではなく、連携を持つためにはどんな条件が必要であるのかなどが今後の検討課題であると感じました。


        「健康長寿なお風呂をめざそう!!」
        「お風呂の温熱環境とストレス」 福井大学工学部助教授 吉田伸治氏 
         ・入浴による温熱環境(ストレス)を人間と周辺環境と熱伝授についてのお話
         ・入浴のプラスの効果は多いがマイナス面も配慮しましょう。 (高齢化社会の進展がマイナス面を増大させています。)
         ・福井県でも内陸(奥越、南越)では浴室温度が特に低いんです!!
         ・最期は「布団の中で・・・」を願うなら初期投資をケチらないことです。

        「お風呂での疾病発生と改善策」 北海道大学工学部助教授 羽山広文氏
         
         ・入浴死の危険性は全国的な問題です。
         ・住宅の断熱性能の向上により、浴室温度の確保は容易です。
         ・簡易な方法として脱衣室の暖房、給湯方法の工夫などがあります。
         ・これからの消費者とメーカーのあり方考え方も大事です。
         ・できることからはじめよう!!健康と安全には値段はつけられません。

        みんなで考えよう!!ストレスのない癒されるお風呂をめざして・・ 
         ・グループで話し合いをしました
         ・あなたのストレス度はどれくらい?
         ・ストレスと健康長寿は関連があるんです。
         ・あなたのストレスに影響するのはどんなこと?
         ・本日参加の方のお風呂の入り方は?
         ・あなたが癒されるお風呂ってどんなお風呂?
          
        当日は約30名の参加がありました。

         家の新築、改修は費用がかかるもの・・簡単にはできることではありませんが、入浴環境の改善が脳卒中などの医療費の削減になる(脳卒中などの医療費は莫大です)・・・・こんなことがが明確にできれば、ユーザー側も行政も関係者もみんなの意識も変わるのではないかと思えました。

         急激に進む高齢者社会・・そんな中でお風呂の問題はやっぱりみんなで考えていかなくてはならないと実感しました。


        話し合いの様子です。
        3月24日イベント
        | ofuronet | - | 10:30 | comments(0) | trackbacks(1) | - |
        「安心安全な住まいと健康を考える集い」を開催します!
        0
          安心安全な住まいと健康を考える集い
          ―“健康長寿なふくい”をめざしてー

          お風呂は毎日のこと・・・・
          ストレスの少ないお風呂、癒されるお風呂、健康にいいお風呂ってどんなお風呂でしょう?
          一緒に考えてみませんか?

           日時 平成19年3月24日(土)午前10時から午後4時
           場所 中小企業大学校 大教室 福井市下六条町16-15

          プログラム
          ----------------------------
          午前の部(午前10時から12時15分)
          -安心安全な住まいと健康をめぐって-

          <講演>「介護予防から見た福井の高齢者の住まいを検証する」
            講師 福井県立大学看護福祉学部社会福祉学科教授 北條 蓮英氏
          (お風呂ネットふくい会員)

          <シンポジウム> 
          「ケアマネジャーと福祉住環境コーディ―ターのかかわり方」

          シンポジスト
          ・芳村 幸司氏 福祉住環境コーディ―ター協会理事(大阪府在住) 
          ・丹尾 由紀子氏 訪問看護ステーションさばえ管理者(お風呂ネットふくい会員)
          ・谷口公啓氏 NPO法人ふくふくネット理事長 (お風呂ネットふくい会員)
          コーディネ―ター
           北條蓮英氏(前述)
          -----------------------------
          午後の部(午後1時15分から4時)
          -長寿健康なお風呂をめざそう-

          報告1
          「お風呂の温熱環境とストレス」 
           福井大学工学部助教授 吉田伸治氏(お風呂ネットふくい会員) 
          報告2
          「お風呂での疾病発生と改善策」 
           北海道大学工学部助教授 羽山広文氏(お風呂ネットふくい会員) 
          --------------------------------------------------------

          資料代: 500円

          参加ご希望の方は下記へご連絡ください。
          関心のある方どなたでも参加OK、半日参加も可です。

          お申込み、問い合わせ連絡先: 
          mail south3732002@yahoo.co.jp 事務局あて

          資料の都合等ありますので、出席ご希望の場合3月20日までにお返事いただけますよう、あわせてお願いいたします。
          ---------------------------------------------------------
          下記の内容をメール、またはFAXにてお願いいたします。

          安心安全な住まいと健康を考える集い参加申し込み
          一日参加(   ) 午前のみ(  ) 午後のみ(    )
          所属     (               )

          連絡先    (               )

          ご氏名    (               )

          役職(職種) (               )

          自由意見   (                         )

          ------------------------------------------------------------
          ※なお、今回のイベントは、(特)ふくふくネット、(特)福祉住環境コーデイネーター協会主催の「タウンミーテイング」にお風呂ネットが参画する形で開催いたします。


          | ofuronet | 共催イベント | 17:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          第65回 日本公衆衛生学会(富山市)に参加しました
          0
            10月25日(水)〜27日(金)、65回日本公衆衛生学会(富山市)に参加し、自由集会 "住まいと健康フォーラム″「快適な入浴環境を考える」にて下記の発表を行ないました。

            テーマ「公共的課題解決のためのネットワークづくり」
             −“お風呂ネットふくい”の設立を通じて−

            公共的課題解決のためにネットワークづくりが重要になってきていますが、従来の行政主導型ではない主体的なネットワークを構築、継続していくためにはどんな条件や役割を担うことが大事であるのかを検討し、報告しました。

            北海道大学羽山広文先生の「浴室内における疾病発生状況と温熱環境の改善提案」の報告があり、そのあとにお風呂ネットふくいの紹介をしました。
            お風呂ネットのやわらかい名称は参加された皆さんには好評でした。
            又、人と人のつながりを重視しているという点では学会の目的とも合致するので、学会長から感謝のおことばを頂きました。
            | ofuronet | 他団体のイベント | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << October 2018 >>

            bolg index このページの先頭へ